一文字一文字丹精こめて刻みます お墓の文字彫り 戒名現場彫り 墓石販売 大阪の東邦石材

戒名出張追加彫り 施工工程


1、現場確認

お客様よりご依頼を承りましたら、事前に現場確認をさせて頂き、彫刻位置(軸石、墓票等)、作業スペースを確認します。


2、拓本(石ずり)

現場確認時、既に彫刻されている文字の拓本を取ります。その拓本を基に文字の寸法、字体を合わせ文字原稿を作成します。


3、ゴム切り

文字原稿をゴムシートに写し、専用ナイフで切り抜いていきます。弊社では機械を使わず全て手作業で行います。


4、文字彫り

石碑に器具を取付けて、ゴムシートを切り抜いた箇所に圧縮空気で特殊な砂を噴きつけて彫っていきます。(サンドブラスト)


5、仕上げ

綺麗に彫りあがったかよく確認して器具を取り外します。そして色入れ等仕上げ作業を進めていき、ゴムシートを剥がします。


6、完成

彫刻により付着した粉塵や汚れを綺麗に拭き取り、作業した周囲を掃除して完成です。

1、現場確認には料金が一切かかりませんので、「とりあえず、専門家にみてもらいたい」、「お墓に戒名を彫ってもらいたいんだけど、どうすれば良いのか・・・」など、わからない事や疑問点がありましたらお気軽にご相談、ご依頼ください。

3、ゴム切りは、文字彫りの作業の中でも、文字の美しさを決めるとても重要な工程です。
弊社では、このゴム切りを効率重視のコンピューターや機械を使わず、より繊細な調整、風化・浸食された墓石の表面状態の判断、そして美しい仕上げのできる 熟練した職人が手間隙を惜しまずに、すべて手作業で行います。
さらに、文字のバランスや歪み、既に彫刻済みの文字との間隔、ズレを可能な限り無くす為に、現地にてゴム切り作業
行います(現在、優れた職人がこだわりを持って、現地でゴム切りを行っている所はほとんど無いと思います)。

これらにより、効率よりも石材店様のプロの目で見ても、ご納得いただける仕上がりを実現しております。

4、文字彫り 弊社の出張追加彫りの場合、石碑を工場まで運搬する費用が掛からないのは勿論、文字を彫る箇所に作業できるスペースがあれば、 石碑を全く移動させず彫り込む事が可能です。
その為、移動による石碑へのダメージを一切無くす事ができます。
もし、そのままでは作業スペースが無い場合でも、石碑の向きを変える等、最小限の移動だけで作業できますのでご安心ください。

お問い合わせ